パソコンの寿命としては5年から10年を目安としておくべきでしょう。一般的には国内メーカーのものは故障が少ないという傾向がありますから、長く使うことができるという傾向があります。海外のものでは最近は品質がよく、例えば台湾製といえば過去には粗悪品であるというイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では台湾製も品質が向上しているといえるでしょう。

パソコンの寿命はノートとデスクトップとでも大きく異なります。寿命を考えるときには各パーツの寿命を考えるべきでしょう。バッテリーの寿命については使い方にもよりますが、5年くらいが寿命だといえるでしょう。パソコンを丁寧に使っていれば10年以上も使うことができますし、使用する目的が事務的なものであればそれで十分でしょう。

丁寧に使っていたとしても、10年立てば新しい機能を備えたパソコンがたくさん増えてきますし、インターネット上で提供されるサービスもそれに合わせたものとなりますから、利用できないサービスも増えてくるといえるでしょう。ですから機械としては寿命が長くても機能としては10年くらいが寿命だと考えられます。